TOP > JUS D.I.の機能 > 評価

医薬品の相互作用チェックが簡単

対応製品タイプAdvance

業務フローに応じて、自在にチェック薬剤を追加・変更

処方時や投薬前に確かめたい医薬品の相互作用。JUS D.I.はチェックを行う利用シーンに応じた柔軟な操作性を提供します。持参薬管理では、持参薬相互のチェックはもちろん、薬剤を鑑別した後、そこに採用薬から選んだ代替薬を含めたり、追加処方薬を加えたりすることができます。チェック対象薬の追加動作はとてもスムーズ。JUS D.I.が目指すシームレスな操作感がもっとも感じられる機能の一つです。

  • 販売名単位での相互作用チェックを実現
  • 医薬品と食品、サプリメント、特定保健用食品との相互作用チェックも可能※1
  • 全採用薬同士の併用禁忌一覧を出力※2
  • 電子カルテ/オーダリングシステムの処方画面からチェック結果を表示※3
※1:すべての食品、サプリメント、特定保健用食品が対象ではありません。
※2:「併用注意」の検索はできません。
※3:電子カルテ/オーダリングシステム側で開発が必要です。

※必ずしも添付文書情報を反映していません、また、検索結果に「相互作用が存在しません。」と表示された場合も、併用可能を保証するものではありませんのでご注意ください。

任意の薬剤同士での相互作用検索結果を表示

一覧表示
詳細一覧表示

相互作用検索の5つの機能

処方時や投薬前に確かめたい医薬品の相互作用。JUS D.I.はチェックを行う利用シーンに応じた柔軟な操作性を提供します。持参薬管理では、持参薬相互のチェックはもちろん、薬剤を鑑別した後、そこに採用薬から選んだ代替薬を含めたり、追加処方薬を加えたりすることができます。チェック対象薬の追加動作はとてもスムーズ。JUS D.I.が目指すシームレスな操作感がもっとも感じられる機能の1つです。

このページの一番上へ